野菜、果物スムージー

野菜、果物スムージー

このレシピが腸内フローラに効果がある理由

腸内フローラを元気にするには、植物繊維と酵素が必要です。しかし、市販の野菜ジュースにはこの二つは含まれていません。
たまに植物繊維入りのジュースもありますが微々たる物です。また、食中毒を防止する関係で加熱処理が施されており、酵素は皆無です。酵素は生の植物や動物に含まれているので、生の野菜や果物からしかとる事ができません。生で、野菜や果物を沢山とる事ができる人はよいのですが、忙しい人は朝の食事に野菜果物スムージーをコップ一杯とる事ができると理想的な腸内フローラになります。私も、これを飲み始めてから便秘がなくなりました。たまに、旅行などでさぼると大変な事になります。生の野菜と果物からとれる酵素と植物繊維はとても重要です。ついでにガン予防の見地からすると、ビタミンACEが不可欠ですので、人参とキャベツははずせませんね。あとのビタミンEは、豆類で豆乳がおすすめです。

材料(1人分)

1、市販の野菜果物ミックスジュース200cc
2、リンゴ四分の一切れ
3、みかん一個
4、キャベツの葉一枚
5、人参4分の一本
6、ハチミツ大さじ一杯
7、レモン汁大さじ一杯
8、豆乳大さじ一杯
9、寒い季節は生姜の絞り汁少々
10、ヨーグルト大さじ一杯(お好みで)
11、暑い季節は冷凍マンゴーを三かけら

作り方

①市販の野菜果物ミックスジュース200ccをミキサーに入れる。
②よく洗った皮付きの人参をみじん切りにしてミキサーにかける。(細かくなったか確認)
③よく洗ったキャベツの葉を細かく切りミキサーに追加してかける。(こまかくなったか確認)
④豆乳大さじ1ハチミツ大さじ1杯とレモン大さじ1杯を入れてミキサーにかける。

これで、飲んでも良いのですが、寒い季節は生姜の絞り汁を少々いれると冷え防止になります。
ヨーグルト味が好きな方はヨーグルトを少々入れても美味しいです。また、暑い季節は冷凍マンゴーや冷凍パイナップルなど暑い国の果物をいれると熱をさげる効果が期待できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする