腸内フローラとアレルギーの密接な関係

最近よく聞く腸内フローラは腸内細菌類の集合体のことを表しています。フローラとはもともとお花畑を意味する語で、生物化学的には細菌類のコロニー形成体のことをいいます。

生きた人間の腸は体の中では菌の生息場所としては理想的で、私たちの腸内には様々な細菌類が生きています。その種類はなんと100種類以上、1000兆もの細菌類がいることが分かっています。

このような細菌類は私たちの生命活動によい意味でも悪い意味でも影響を及ぼしており、人間の体は腸内に生息する細菌の影響で健康になったり病気になったりすることが分かっています。

我々の腸内の環境が私たちの健康や病気、そして精神状態や性格にまで影響を与えるというのです。これは、腸内フローラからでる化学物質が想像以上に私たちの健康に影響力を持つということを意味しているといえます。

腸の健康は寿命にも関係する

寿命
寿命を長くしたり健康に暮らすためには、腸内に善玉菌が多いことが理想的です。逆に、悪玉菌が増えてしまうと寿命を短くしたり、癌や糖尿病などになりやすくなったり、またお肌の状態にもマイナス効果があるといわれています。

悪玉菌が増えると、悪玉菌の影響で免疫系の働きが低下してしまいます。すると風邪などの感染症にかかりやすくなったり、癌や心疾患などの病気になりやすくなってしまいます。

そして、免疫系の機能を担う細胞の数などのバランスが崩れると、自己免疫疾患などのアレルギー疾患が発症しやすくなるといわれています。

アレルギーを引き起こす免疫疾患は腸内フローラを改善すること

アレルギーつまり、悪玉菌の作り出す毒素で免疫力が下がったり、免疫系のバランスが崩れてしまって病気やアレルギー、喘息などの様々な症状が引き起こされやすくなるのです。

腸内フローラは腸内細菌類の縄張りの地図ともいわれています。コロニー体を形成している腸内フローラの細菌類は新たに侵入してきた菌に対して、腸内でこれらの菌を排除する働きをしています。

腸内フローラは重さにすると約1キログラムもあります。これは私たちの体重の一定の割合を占めており、このような腸内フローラの状態が私たちに大きな作用を及ぼすのです。

腸内フローラの構成菌類を分類すると大きく分けて3種類に分類できます。これらは善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌とよばれる善玉菌にも悪玉菌にも属さないタイプの菌類といわれます。

健康な人なら、善玉菌の割合が悪玉菌よりも多くなっています。善玉菌には免疫機能の調整作用効果もあるため、花粉症などのアレルギー疾患を抑制する働きも期待できます。そうすると、体の調子もよなって健康な状態を保つことができます。そのため、少しでも腸内の善玉菌を増やすことが健康的な生活を送る上で大切になります。

自己免疫を高める

自己免疫腸内フローラは最近マスコミでも注目されている腸内細菌類の集合したコロニー体のことです。

健常な状態であれば、私たちの腸内の細菌類の構成バランスはとれており、生体に良い影響を与える腸内フローラがしっかりと生息しています。

しかし様々な原因によって腸内フローラのバランスが崩れてしまうと、体に悪影響を与える菌が増えてしまいます。

悪玉菌の増殖で免疫の働きが低下すると感染症やがんや心臓病、風邪などが発症しやすくなり、免疫系の細胞数のバランスが崩れると、アレルギーなどの自己免疫疾患などにつながりやすくなるといわれています。

まとめ

私たちの腸内フローラの状態は免疫系の状態と関連性がありますので、できるだけ腸内フローラの改善を図る食生活をすることが大切です。

近年注目されているヨーグルトの中にはプロバイオティクスと呼ばれる微生物群がしっかりと含有された食品もあり、私たちの腸内フローラを改善して、健康の維持に貢献することができます。このような食品を上手に利用することで、効率よく善玉菌を増やして腸内環境の改善を図りましょう。

以上述べたように、腸内フローラの構成と免疫系から引き起こされるアレルギーには大きな関連性があることが分かっています。そのため、こうした関連性に着目することによって腸内フローラの改善につなげ、健康的な生活を送ることが重要といえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする