腸内フローラを改善するエクオールについて

栄養を吸収する腸の中には目に見えないほどの小さな生き物たちが生息しています。生きた人間の腸内は菌の生息場所としては理想的な環境で、私たちの腸内には実に様々な細菌類が生きています。

その数はなんと1000兆、重さにすると1,2キロもの細菌類がいるといわれています。このような腸内に住んでいる細菌の種類は人それぞれ異なっており、私たちが口から摂り入れる食事などによって毎日毎日少しずつ変化をしています。

私たちの腸内環境はその中に住むこれらの腸内細菌によって大きな影響を受けます。生息細菌の善し悪しによって病気になりやすかったりなりにくかったりするようになります。また、私たちの精神状態や肌の老化の度合いなどの様々なリスクについても異なってきます。

エクオールとは?

エクオールエクオールはポリフェノールの一種で大豆に含まれる大豆イソフラボンから産生されます。大豆は大昔から日本人になじみが深い健康食品です。

エクオールは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることがよく知られ、女性のはつらつさや若々しさを保つ働きがあります。

大豆の中のイソフラボンという物質分が、腸内に住むエクオール産生細菌によってエクオールに変えられることで合成されるのです。

エクオールは更年期の女性特有ののぼせやほてりなどのつらい症状を改善する作用があることが知られ、今、もっとも注目されています。

これまでは、大豆に含まれるイソフラボンと呼ばれる物質が女性ホルモンを活性化する働きがあると考えられてきました。イソフラボンには女性ホルモンの活性化作用だけでなく、ダイエット効果や美容上の効果もあるといわれ、多くの健康美容愛好家たちによって様々な食品の形で積極的に利用されてきました。

イソフラボンとエクオールの関係

イソフラボンしかし、近年の研究で、イソフラボンは腸内でエクオールという物質に変えられないと摂取してもあまり大きな効果がないということも分かってきたのです。

これまでのイソフラボン製品のブームによって、多くの人がイソフラボンの効果を試したけれども、全ての人にこれらの大豆イソフラボンの効果が表れたというわけではなかったということなのです。

つまり、イソフラボンの効果がよく出る人もいれば、効果があまり出ない人もいたのです。そのため、この点について更に研究が進められました。

その結果、イソフラボンの望ましい効果がしっかりと出るためには、イソフラボンが人間の腸内に生息するエクオール産出細菌によってエクオールに変換される必要があることが分かったのです。

エクオールには肌の内部のコラーゲンを増やす働きや、更年期の女性特有の症状の改善効果があることが分かっています。

ある実験では、エクオールを摂取し続けた人は、エクオールを摂取しなかった人に比べて肌のシワが目立ちにくくなるといった実験結果もあります。

私たちが大豆製品から摂取する大豆イソフラボンには3種類の物質、ダイゼイン、グリシテイン、ゲニステインがあります。その中でダイゼインのみが腸内細菌によってエクオールへと合成されることがわかっています。

そして、ダイゼインはそのまま体内に吸収されるよりも、エクオールとして体内に吸収される方が更年期などの症状に対しても高い効果が期待できるといわれているのです。

エクオールを作れる人と作れない人

エクオールまとめこのようなすばらしいエクオールですが、実際にエクオールを体内で作れる人と作れない人がいることも分かりました。

エクオールを産生することができる腸内細菌がいる人はエクオールを合成することができ、いない人は合成することができないのです。その原因はまだ研究中でよくわかっていません。

しかし、若い人にはエクオールの合成細菌が少ないといわれています。一説には食生活の変化で、大豆食品を食べる習慣が減ってしまったことが原因となっているのではないかといわれています。

また、エクオールを合成できる腸内細菌が腸内にいるのかどうかを調べるキットも販売されていますので、自身の腸内の様子を知ることもできるようになっています。

エクオールまとめ

エクオールエクオールは大豆由来のイソフラボンが原料になっており、大豆は腸内の善玉菌の食べ物にもなりますので、大豆食品を多く摂ると腸内フローラの改善効果が期待できます。

エクオールを腸内で合成できる人のエクオールの合成が盛んになればなるほど、腸内のフローラの改善効果が期待できるようになるのです。

たくさんの大豆食品を摂ることで腸内の環境が整い、エクオールもより合成されやすくなり、それと同時に腸内の善玉菌も増えます。このことが腸内フローラの改善につながるといえます。

このような腸内フローラの改善効果のあるエクオールには美肌効果や更年期の症状の緩和効果などもあり、今後もますます注目されていくでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする