腸内フローラの改善方法とは

人間の腸内には様々な腸内細菌が暮らしており、数は100兆匹にも及ぶと言われていますが、一つ一つは目に見えないものであっても合計すれば1kgから1.5kg程度の重さになります。

膨大な数の腸内細菌は腸内では花畑のように見える事からも、腸内フローラと言われているのですが、この腸内フローラの環境を変えてあげると美容や健康に非常に大きな影響があるものです。

まずは腸内フローラとは何か、どういう影響があるのか知った上で改善を促す事が有効と言えます。

腸内フローラの影響について

腸内細菌の集合体でもある腸内フローラは腸内環境に直結するものであり、この環境が悪化すると臓器の働きが悪化したり、癌や糖尿病、アレルギーや鬱等の精神疾患にも関わりますし、老化促進させたり太りやすい体質にもなるという心身に大きな影響を与えるものです。

まだまだ腸内細菌の全てが解明されているわけでは無いですが、医療技術の進化に伴って、腸内細菌の中でも良い影響を与えるものや悪い影響を与えるもの、病気リスクや治療との関連性等が解ってきていますから、腸内フローラ環境改善は心身への影響が大きいものと言えます。

腸内フローラ環境は便通から解る

腸内フローラの環境が良ければ便秘等に悩まされずに快便であり、便通から腸内フローラの環境がある程度解りますが、腸内フローラを構成する細菌は大きく分ければ3種類に分かれており、善玉菌、悪玉菌、日和見菌があります。

善玉菌優位な腸内環境になれば便通が良くなり体調も良い状態になりますし、逆に悪玉菌優位になれば便秘リスクが高まったり、腸内に有毒ガスが発生して腸壁から血中を巡って全身に影響を与える傾向にあります。

日和見菌は善玉菌にも悪玉菌にも変わる菌であり、主に3種類の菌の勢力争いが腸内の環境を作っているものですし、健康な状態の腸内フローラでは善玉菌優位状態の比率になっており、善玉菌2に対して悪玉菌は1、残り7が日和見菌という比率が理想的とされているものです。

悪玉菌が多くなれば腸の動きが悪化してしまい、排便が悪くなって体内に毒素を蓄積しやすくなりますから、これによって心身に悪影響を与えてしまい、便通をチェックすればどういう腸内環境なのかある程度把握出来ると言えます。

腸内フローラの環境に影響がある要素

腸内フローラ環境に影響を与える大きな要素としては加齢と食事が挙がり、加齢と共に善玉菌が減少傾向にあり、赤ちゃんの頃は腸内環境は善玉菌が殆どですから臭いも少ないものです。

食事は腸内フローラを作り上げると言っても過言ではなく、特に高脂肪食の影響は強いですから注意が必要であり、油モノやファーストフードを好んで食べる方の腸内環境は悪くなっている事が多く、スナック菓子等の加工食品で活用されているトランス脂肪酸のような質の良く無い油は悪玉菌を増やす事にもなりえますから、特に加齢によって善玉菌が減ってくる時にこういった食事を摂取し続ける事にはリスクがあります。

便秘気味になっていたり、便臭が強くなったり、ガスが大量に発生して便の色が黒っぽいというのは、腸内フローラが悪化している状態と言えますから改善が必要です。

腸内フローラ環境を改善させる

善玉菌を増やす事が腸内フローラ環境改善に繋がる事になりますから、善玉菌を増やす作業を継続させる事が有効です。

腸内を掃除してくれる食物繊維を摂取しつつ、善玉菌を増やす乳酸菌や善玉菌を増やす餌になるオリゴ糖の摂取、腸の動きを円滑にしてくれる質の良い油の摂取、腸の動きを活発化するように適度な運動を行う事が望ましいです。

食事に関しては油モノやファーストフードを避けて、野菜や果物、海藻類等から摂取出来る食物繊維は有効であり、カロリーも無いですから沢山食べても太らないですし、お腹一杯になりやすくて他の余分なものを食べる必要も無くなります。

腸内を綺麗に掃除する役割がありますから、余分な老廃物や脂肪蓄積を抑制する効果もあり、毎日摂取する事が望ましいです。

ヨーグルトや味噌類、キムチ等には乳酸菌が含まれており、善玉菌を増やす効果がありますから、これらを食事に加える事は有効であり、オリゴ糖は胃酸で溶けずに腸内まで達してくれますから、善玉菌増殖に繋がるオリゴ糖摂取していく事は腸内フローラ環境を整える為にも有効な手段と言えます。

油モノを避けたいと言っても油は体に必要であり、エゴマ油や亜麻仁油、オリーブ油、他にも青魚から摂取出来る油やナッツ類から摂取可能な油は積極的に採りたいものであり、これらのオメガ3系脂肪酸の摂取は腸内環境改善に役立ちますし、便通改善にも有効です。

他にも三大栄養素やビタミン、ミネラル等も配慮した食事は必要であり、食物繊維や乳酸菌が良いからとそれらばかり摂取する事は有益ではなく、タンパク質や糖質、脂質はバランス良く摂取しなければ体作りにも腸内フローラ環境作りにも良く無い事です。

適度な運動もストレス軽減や代謝アップにも繋がりますから、日常に取り入れていく事が望ましいと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする